ワンストップ特例制度とは

ワンストップ特例制度とは、確定申告を行わなくても、ふるさと納税の寄付金控除を受けられる仕組みです。
ふるさと納税先の自治体が5自治体までであり、もともと確定申告を行う必要のない方は、この制度を活用することで、簡単に寄付控除の手続きが可能です。
6自治体以上に寄付をした場合や、自営業や各種控除などでもともと確定申告が必要な方は、ワンストップ特例制度は利用できないため、確定申告にて控除手続きを行ってください。

 

申請方法

ふるさと納税を行った翌年の1月10日(必着)までに、ふるさと納税を行った自治体に下記2種類の書類を送付することによって申請が完了します。

・ワンストップ特例申請用の申請用紙

・本人確認用書類

 

 

ワンストップ特例申請用の申請用紙のご準備について

ワンストップ特例制度を利用するためには、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」という書類を記入する必要があります。
「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」は、寄付をした自治体から後日郵送で送られてきますが、書式は全国一律であるため、総務省のページからダウンロードして使っても問題ありません。
記入例は下記をご覧ください。
ふるさとプレミアムで寄付を行った場合、「ワンストップ特例申請の手続きを再開」のページで、申込番号とメールアドレスを入力すると、自動で必要事項を反映させることができますので、お手続きがさらに簡単になります。ぜひご活用ください。

 

 

本人確認用書類のご準備について

申請のためには、本人確認用書類を同封する必要があります。
本人確認用書類は下記の組み合わせで、A4用紙にコピーをとったものをご準備ください。


上記二つの書類がご準備できましたら、ふるさと納税を行った自治体に郵送してください。
締め切りはふるさと納税を行った翌年の1月10日(必着)となります。
送付用の封筒は自治体から送られてくる場合もありますが、ふるさとプレミアムで寄付を行っていただいた場合は、送付先の自治体名と住所および自分の名前と住所が自動で記入された封筒を印刷できますので、ぜひご活用ください。

 


Copyright(C) UNIMEDIA INC.