水と緑の豊かな自然と歴史文化遺産のある町、近江八幡市が11月30日から「ふるさとプレミアム」で寄付金の募集を開始しました。

滋賀県近江八幡市は、琵琶湖の東岸に位置し、中世以降、陸上と湖上の交通の要衝として発展した地域です。日本最大の山城「観音寺城跡」、天下の名城「安土城跡」など各時代を代表する国の史跡が点在しています。寄付金は、そんな近江八幡市の自然環境及び地域の歴史的遺産の保全や教育及び文化の振興等に活用されます。

寄付の返礼品として特徴的なのは、日本三大和牛ともいわれている近江牛です。滋賀県内で最も長く飼育された黒毛和牛は近江牛と呼ばれ、霜降り度合いが高く、芳醇な香りととろけるような美味しさが特徴です。江戸時代には将軍家や諸侯にも献上されていた歴史があるお肉です。

また、琵琶湖周辺の豊かな水資源を利用した「近江米 ミルキークィーン」やメディアや巷で注目度上昇中の「しきゆたか」など、魅力的なお米も返礼品として受け取ることができます。この機会にぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

滋賀県近江八幡市の返礼品