Amazonギフト券のコード3%に増量プレゼント中 詳しくはこちら

おすすめ特集 recommend

【予約受付中】新米特集!

公開日:

ふるさと納税で大人気の新米です。
収穫されたばかりのお米はとても新鮮で、「つや」「風味」「粘り」「香り」などが優れています。
ぜひ早めに予約をして、令和元年産の新米を味わってみてはいかがでしょうか。


令和元年産の新米はいつからいつまで?


お米は秋に収穫となり、新米として9~10月くらいから出回ります。JAS法による基準だと、今年の新米は、令和元年(2019年)の年末までに精白をし梱包を行った玄米や精米となります。


おすすめ令和元年米PICK UP

今年人気になりそうな注目のお米を編集部がピックアップしました。

新潟県の個性的なお米「新之助」

新之助は、米どころ新潟県で、長年の米作りのノウハウと作り手の想いを込めて誕生したお米です。2017年に本格デビューした、知る人ぞ知る新しいブランド米です。香りと甘みとコク、粘りと弾力に優れています。2018年には、関東圏など、新潟県外でも一部の販売店で見かけることができました。令和元年は、さらに知名度も上がり販売店も拡大することが予想されます。

「新之助」の新米を見る

山形県の新食感ブランド米「雪若丸」

山形県が開発し2018年に本格デビューを果たした新しいブランド米です。しっかりとした粒感と適度な粘りが両立しているのが特徴です。弾力があって、噛むほどに旨みが広がると言われています。2018年にデビューしたばかりの雪若丸ですが、日本穀物検定協会の米の食味ランキングで、早くも最高位の特Aを獲得しています。これからに期待ができるお米です。

「雪若丸」の新米を見る

発送月が選べる新米

ふるさと納税の新米は、産地で収穫後順次発送というものが多いですが、中には発送月が選べるものもあります。受け取る時期を調整したい、複数申し込んで時期をずらしたいという方は、発送月で選ぶのもいいですよ。精米したての新鮮なお米が味わえます。



まとめ

いかがでしたでしょうか。ぜひ産地直送の新米をふるさと納税で味わってみてください。



令和元年産の新米を見る

関連するおすすめ特集

 

 

おすすめ特集をもっと見る