四国一眺めの良いハンバーガーショップ建設プロジェクト

高知県芸西村
  • 四国一眺めの良いハンバーガーショップ建設プロジェクト
現在の寄付総額: 5,875,000円
目標金額:197,250,000円
2%
支援者合計
290人
残り日数
554日 / 821日
募集期間: 2023年11月02日〜2026年01月31日
自治体情報
高知県芸西村

四国で一番景色のいい場所のアンテナショップに


四国で一番景色のいい場所でアメリカ西海岸をイメージしたハンバーガーショップを建設したい。飲食店兼アンテナショップを整備し、店内には地場産品の物販コーナーや、隣接するリゾートホテルと飲食提供、サービス提供等連携していく計画です。さらに移住者用の賃貸住居スペースも構え、県内外からの移住希望者の促進にも繋げていきたいと考えています。

地域の賑わいを創出に貢献




元々アメリカ西海岸をイメージしたハンバーガーショップを高知の海の見える場所で開業したいと考えていました。ただ、「高知で海の見える場所で」となると立地面で不利になることから集客に不安があり、踏み出せなかったが、この度、リゾートホテルと連携できるということで集客面・発信面、そしてより高度なサービス提供などの面で相乗効果を生み出せると考え、本プロジェクトの発足となりました。両親の故郷であり、今も祖母の住む芸西村の賑わい創出に貢献したいと考えています。

企業連携で地域のPR、移住促進も



取り組むべき内容は以下の4点となります。

1.ランチ・ディナー営業
2.ホテル施設利用者への料理・サービスの提供
3.芸西村産品の販売ブースの設置
4.移住者向け住宅の賃貸業

寄附金の使い道

1.建物建て替え工事
 現在の建物は老朽化と今後の運営に向け取り壊し、新たに建設
2.必要機材・備品の購入
 飲食店として必要な厨房機器や、ホテルの管理をするスタッフの休憩に必要な機材や家具を購入
3.広報物制作
 ホームページ、パンフレットの制作

プロジェクト達成後の未来




1.県内外からの芸西村への集客
2.地域での生産物の消費
3.周辺地域の住人にとっての新たな憩いの場

スケジュール

1ヶ月 設計図作成
5か月 建物建設・必要備品購入
1ヶ月 オープン










【第1回】活動報告

【プロジェクトオーナー紹介】

オオノケイスケ

1991年高知出身


学生時代からバンド活動をしており、高知のライブハウスで音響エンジニアとしても働き、その後音楽イベント以外も制作部門も従事し、コンセプトに合わせて基礎からイベントを企画する楽しさとノウハウを学ぶ。

2022年ハンバーガーショップとイベントスペースのCab'sを設立。

現在は年間約90本程度イベントを開催しながら日々営業中。

2023年には2店舗目となるメキシカンメニューをメインとしたCab's魚の棚店をオープンし、こちらも魚の棚商店街全域でイベントを行い賑やかに営業中。


こんにちは!

Cab's代表オオノケイスケと申します。

高知市大津にCab'sを作り、約2年・・。

100本近くイベントを企画したり、音響エンジニアとして、全国を行き来したり。

あっという間に2店舗目ができたり…。

よくCab'sはハンバーガー屋なのかライブハウスなのか音響屋なのか聞かれますが、、、

自分でもあまりよくわかっておりません!

ただ、もちろんメイン商品のハンバーガー・タコスについては、こだわりと熱意を持ってオリジナルで作っておりますので、それを持って新しい仲間や感動と出会えるように本気で営業しております!

そのおかげもあり、今やスタッフも15人に増え、頼もしいみんなと日々楽しく飲食店の枠に捉われることなく、積極的に様々な事にチャレンジすることができております。

今回のプロジェクトでは「四国で一番眺めの良いハンバーガーショップ」を作ることを目的として、ここにしかない芸西村の力も借りながらおいしくて、楽しくて、芸西村がもっと好きになる、また来たくなる。そんなお店作りをしていきたいと考えております!

芸西が今一番アツい!!!

そうみんなに言ってもらえるように高知県内からはもちろん、県外からも遊びに来たくなるように芸西村の魅力をどんどん発信できるようにCab's一同挑んで参りたいと燃えておりますので何卒宜しくお願い申し上げます!


(共同オーナー)

ドイサトシ

1990年高知出身


高知を進学のタイミングで出てから関西、東京と過ごし、飲食業に従事するようになってからは食べることだけでなく作る、提供することを楽しんできました。

その間高知に帰省する度に高知の食の豊かさを感じ、「いつか高知に戻ろう」と思うようになりました。2022年から高知に戻り約2年、ハンバーガー、メキシカンと高知ではあまり見られないものを提供してきました。これは高知の人たちはもちろん四国からも訪れ、喜んでいただき、嬉しい気持ちでいっぱいです。

しかし元の高知の豊かな食材を生かしたもの…という思想とはほど遠く、」やっぱり生産者とも会話をし、地のもの、高知特有の立地を生かしたことをしたい」と思っていたところ、今回のクラウドファンディングを知り、挑戦しています。

食に加えて、芸西の高台から太平洋を一望できる場所を造り込み、非日常空間を提供したいです。