Amazonギフト券のコード【3%】プレゼント中! 詳しくはこちら

自治体 News news

meets! まつら

2016年05月10日

松浦市は、かつて「末盧(まつら)」と呼ばれた海と島のまち。

3世紀、中国の史書「魏志倭人伝」にある弥生時代の国のひとつで

《古事記》仲哀天皇段に登場する末羅県(まつらのあがた)」、

《日本書紀》神功皇后摂政前紀にみえる「松浦県(まつらのあがた)・梅豆羅国」とも同じ地です。

大陸からは、一支国(壱岐)を経て、邪馬台国に渡るゆえ、

九州本土で最初に上陸する、古代北九州の要地であったとされています。

これらの古典が伝えるところには、

人々は、山海に沿って暮らし、

海中に潜って魚や鰒(あわび)を捕えて食し、

地は、前を歩く人が見えないくらい草木が繁茂している、とも。

四千余戸の暮らしは、豊かな自然とともにあり、

漁を生業に生きた先人の息づかいが記されているのです。

さらに後の世、鎌倉時代には「松浦党(まつらとう)」という名で大海を渡り、

歴史の荒波をも力強く生き抜いた、たくましい松浦民の原点。

こんなふうに、海とともに在った私たちの祖先が

日本という国の興りに深く関わったその歴史の重みを、

「まつら」という言葉からほとばしるのを、感じ得てならないのです。

だから

その史実が、これからも久しく松浦の未来を照らすように、新生・松浦市の心意気を”意匠”に代え、

その「音」を、冠しました。

まつら。

そこにはいつも、清々しく美しい響きがあります。

「meets!まつら」

それは松浦の

「ほんものとの出会い」なのです。

ほんものとの出会い

 meets!まつら