Amazonギフト券のコード【3%】プレゼント中! 詳しくはこちら

おすすめ特集 recommend

ふるさと納税で節約!生活応援特集


公開日:

ふるさと納税はうまく活用すれば生活費の節約になり、家計にもうれしいですよね。
しかし、なかなかじっくり返礼品を選ぶ時間がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回はそんな方のために、編集部が、節約に便利な返礼品をピックアップしました。
この機会にぜひご活用ください。


ふるさと納税で節約するために心がけると良いこと

①普段使いしやすい返礼品を選ぶ


ふるさと納税は一般的にお得ですが、より節約するためには、普段から食べているものや普段から使っている日用品を受け取ることが大切です。

豪華なものや普段なかなか味わえないものを試してみることができるのもふるさと納税の良いところですが、節約という視点から考えると、普段使いできるものの方が、支出を抑えることができます

お肉や魚、野菜といった生鮮食品やトイレットペーパーやティッシュといった消耗品がおすすめです。


②寄付限度額を超えないように寄付をする


ふるさと納税がお得だといわれるのは、2,000円を超える金額に関して、税金の控除が受けられるからです。これにより、実質2,000円で返礼品を受け取ることができます。税金の控除が受けられる金額には上限があり、この上限金額を超えないように寄付をすることが大切です。

寄付限度額を超えて寄付をした場合、適用される控除金額がオーバーし、2,000円を超える金額の負担になってしまう場合がありますので、あまりお得ではなくなってしまう場合があります。

税金の控除を最大限受けるためには、自分の寄付限度額を超えないように寄付をすることが大切です。

寄付の上限金額を調べる


③寄付をしたら必ず寄付金控除の申請をしよう

 or 

寄付を行なっただけでは、税金の控除は受けられません。税金の控除を受けるためには、寄付をした後に、確定申告、またはワンストップ特例申請を行う必要があります。

確定申告をされる方は翌年3月の確定申告を行うタイミングで、ワンストップ特例制度を利用される方は翌年1月10日までに申請を完了させてください。