実質負担が2,000円で済む寄付限度額について

ふるさと納税という制度を上手く使って、オトクに自治体を応援するためには、
実質負担が2,000円で済む寄付限度額を知っていただくことが重要です。
(以下では、この寄付限度額を「限度額」と呼びます。)

細かく言いますと、寄付をする年の12月31日までに、
家族構成の変化や一時所得の獲得など、様々な変化が起こりえるため、
絶対に安全な「限度額」を算出することはできません。

実際には、その辺りの変化を見越して「限度額」の目安を算出をし、
ふるさと納税を行うことが一般的です。

「もし、限度額を超えて寄付をした場合、どうなるの?」

税金の控除は3つの適用条件からなり、
寄付額が増えるにつれて適用条件が1つづつはずれて負担が増加します。
つまり、「限度額」を超えた額の全額が、即負担になることはありませんが、
十分な注意が必要です。

詳しくは、下の総務省の解説ページをご覧下さい。

総務省ふるさと納税ポータルの税金控除に関する説明ページ

給与収入、事業収入の方向け、チェックリストとテーブルで確認する方法

収入が給与収入のみ、事業収入のみ、給与収入と事業収入の方であれば、
下のボタンからチェックリストとテーブルで「限度額」の目安を簡単に確認いただくことが可能です。




Copyright(C) UNIMEDIA INC.