Amazonギフト券プレゼントキャンペーン実施中!今すぐエントリー
  • 07-32 菜の花一番搾りドレッシング(3本)

07-32 菜の花一番搾りドレッシング(3本)

寄付金額:7,000円
九州地方
お気に入り

貴重な九州産の菜種のみを使用して搾った、一番搾り菜の花油で作る和風ベースのドレッシングです。

程よい酸味と、ニンニク・タマネギの独特な旨味が人気で、冷静パスタ、お肉料理、お刺身などしっかりと味をつけたいお料理におすすめです。

一番搾り菜の花油は、石油系の抽出溶剤を使わず、物理的に圧力をかけてギュッと搾るだけの焙煎圧搾法と湯洗いで丁寧に搾りました。


事業者:農事組合法人 湊営農組合

容量:菜の花一番搾りドレッシング200㎖×3本

アレルギー:使用している醤油に大豆・小麦を含む

発送:入金確認後、随時発送

農事組合法人 湊営農組合

食の安全の観点から国内産油が見直される中、築上町ではいち早く菜種の生産に着手、「築上町なたね生産組合」を設立しました。
遺伝子組み換えでない九州産の菜種を使用して、石油系の溶剤を使わず、昔ながらの方法で菜種油を造っています。
また、えごま油にも着目し、築上町産のえごまを使用した純国産のえごま油をお届けしています。


写真

湊営農組合は、町内で発生する有機物を農地に還元する「循環型農業」に取り組み、輸入自由化によって長く途絶えていた菜種栽培を再開しました。
実った菜種は、油として食卓に供されたあと、ふたたび農地に還されます。
写真は菜種の栽培風景です。


写真

湊営農組合が栽培している菜種は、東北農業研究センターが育成した、優良品種「ななしきぶ」。遺伝子組み換え品種ではありません。
国内需要量の0.13%しか生産されていない、希少な国産菜種のみを使用しています。


写真

市販されている菜種油の多くは、できるだけ大量の油分を取り出すため、「圧抽法」が用いられています。
これは、圧搾した後に、ノルマルヘキサンという石油系の抽出溶剤を使って残った油分を溶解させ、さらに採油する方法です。
湊営農組合の【菜種油】は、溶剤を使わず、物理的な圧力をかけてギュッと搾るだけの「焙煎圧搾法」で採油された、昔ながらの一番搾りです。


写真

当初は「地元産を使いたい」という組合の奥さま方に販売していた「菜の花油」ですが、今では、築上町の特産品となっています。

湊営農組合の商品ご紹介

写真

一番搾り菜の花油
深い黄金色と、菜種本来の強い香りが特徴です。
郷土料理など、昔ながらの豊かな風味が求められるお料理に向いています。煮物をする際、一度「一番搾り菜の花油」で炒めると、よりコクが増して美味しくなります。
天ぷらやから揚げなどの揚げ物に最適です。生食せず、必ず加熱してお使いください。


写真

菜の花サラダ油
一番搾り菜の花油をさらに精製した、貴重な国産菜種のサラダ油です。
サラリとしてクセがなく、より軽い口当たりでいろいろな用途にご使用できます。和・洋・中、どんなお料理にも合います。
毎日少しずつ使いたい方向けの油です。加熱せず生のままご賞味いただけますので、手作りドレッシングなどにご使用できます。


写真

菜の花一番搾りドレッシング
一番搾り菜の花油を贅沢に使用した、醤油ベースの和風ドレッシングです。
程よい酸味と、ニンニク・タマネギの独特な旨味が人気です。少量でしっかり味をつけたいお料理におすすめ。
お肉やお刺身との相性が良く、大根おろしと混ぜて焼き肉のタレにしたり、お刺身にかけてカルパッチョ風にしたりとお楽しみください。


写真

菜の花サラダドレッシング
野菜嫌いのお子さまにも好評の、醤油ベースの和風ドレッシングです。
一番搾りドレッシングに比べて、薄味でまろやか。日常的にサラダを食べる方に人気です。
夏バテで食欲が湧かない時にもこれ一本!ボウルいっぱいの新鮮なレタスやトマト、冷奴など、お好きなものにかけてお召し上がりください。


写真

菜の花ボディーソープ 菜々花(ななか)
一番搾り菜の花油とヤシ油を原料に使用した、天然素材の液体ボディーソープです。
お肌にも環境にも優しい石鹸を目指し、合成界面活性剤・合成着色料・酸化防止剤・保存料は使用しておりません。
しっとり感がしっかりしている、洗い上がりがさわやかで気持ちがいいなどお褒めの言葉をいただいています!

注目キーワード keyword

おすすめ特集 recommend