Amazonギフト券のコード3%に増量プレゼント中 詳しくはこちら

おすすめ特集 recommend

人気のブランド鶏肉!地鶏特集


公開日:

ふるさと納税で鶏肉を受け取るなら地鶏がおすすめです。
地鶏は若どりと比較すると高価で、希少なため、あまり出回っていません。
ぜひこの機会にふるさと納税で各地の絶品地鶏を味わってみてはいかがでしょうか。


 目次 

ふるさと納税で人気の「地鶏」

地鶏はなぜおすすめ?

そもそも地鶏とは?

地鶏の味わい方

おすすめの地鶏 Pick UP


ふるさと納税で人気の「地鶏」


地鶏はなぜおすすめ?


普段スーパーなどで見かける食用の鶏肉のほとんどは「若どり」といわれる種類で、飼育方法に特別な基準がないことから、数多く出回っています。

それに対して「地鶏」は、JASで定義が決められている在来種の鶏で、平飼いであることや育てる環境など、厳しい条件が定められており、非常に質が高く、鶏肉の最高峰です。

地鶏は若どりと比較すると高価で、希少なため、あまり出回っていませんが、ふるさと納税では受け取ることができます。

ブランドや地域、飼育方法によって味わいが異なる地鶏は、まさにふるさと納税で受け取ることができる地場産品なのです。


そもそも地鶏とは?

地鶏は、JASで定義が決められており、それらの厳しい条件を満たさなければ地鶏と名乗ることはできません。条件は、在来種の鶏であることや、平飼いであること、飼育環境などがあります。

名古屋コーチンや比内地鶏など、全国各地でさまざまな個性的なブランドがあります。


両親か片親が在来種

地鶏は、明治時代までに日本に定着した「在来種」として認められている鳥の血統が50%以上含まれている必要があります。つまり、両親もしくは片親が在来種であることが必須です。


平飼い

地鶏は、1へ平方メートル当たり10羽以下で飼育する必要があります。そうすることによって、鳥は地面を自由に動き回り、運動することができます。このような飼育方法は平飼いと言われ、自然に近い状態のため健康的に育つことができます。


長い飼育期間

長い飼育期間も地鶏の特徴です。地鶏の飼育期間は、最低80日以上で、若どりの倍近く飼育されています。長い期間飼育しているため、ブランドによって味わいが異なり、通常の若どりにはない深い味わいとなります。


地鶏の味わい方


地鶏は、深い味わいがあり、ブランドや飼育方法によって味わいが違うため、地鶏ならではの味が楽しめるシンプルな味付けがおすすめです。

焼いて塩コショウで味付けしても、焼き鳥にしてもいいですね。

たたきや、炭化焼き、燻製など、地鶏のおいしさを引き出す調理法もおすすめです。

ふるさと納税の返礼品には、調理された地鶏が多くあるので、そういったものを選ぶとおいしく味わうことができますよ。


おすすめの地鶏 Pick UP

ふるさと納税で受け取ることができるおすすめの地鶏をご紹介します。産地でしかなかなか味わえない地鶏、気になるものがあればこの機会に受け取ってみるのもいいですね。

 比内地鶏▼

 阿波尾鶏▼

 青森シャモロック▼

 土佐ジロー▼

 はちきん地鶏▼


比内地鶏

秋田県の比内地鶏(ヒナイジドリ)は、地鶏の中でも知名度が高く、ご存知の方も多いのではないでしょうか。引き締まった肉質は、歯ごたえもあり、深みのある味をお楽しみいただけます。

「比内地鶏」をもっと見る


阿波尾鶏

阿波尾鶏(アワオドリ)は、徳島県の地鶏で、程よい歯ごたえと噛むほどに広がるコクのある味わいが特徴です。

「阿波尾鶏」をもっと見る


青森シャモロック

青森シャモロックは、青森県が20年の歳月を費やして開発した地鶏です。地鶏の中でも味の良さや希少性を高く評価されています。


「青森シャモロック」をもっと見る


土佐ジロー

土佐ジローは、市販の鶏肉にはない歯ごたえが魅力の高知県の地鶏です。卵肉共用の鶏ということもあり、返礼品としては土佐ジローの卵もあります。

「土佐ジロー」をもっと見る


はちきん地鶏

はちきん地鶏は、土佐九斤(コーチン)と大軍鶏(シャモ)の味を受け継ぐ高知県の高級地鶏です。脂肪が少なく、旨味たっぷりで、弾むような歯ごたえがある美味しさです。

「はちきん地鶏」をもっと見る




関連するおすすめ特集

 

おすすめ特集をもっと見る