キャンペーン開催中!最大13%分のAmazonギフトカードプレゼント!エントリーはこちら

おすすめ特集 recommend

【ふるさと納税】限度額の確認はいつの年収?年収の確認方法

v【ふるさと納税】限度額の確認はいつの年収?年収の確認方法

ふるさと納税をお得に活用するために知っておきたいのが、寄付限度額です。
寄付限度額は、家族構成や年収などから算出をしますが、ここでいう年収とは、いつの年収なのでしょうか。
今回は、ふるさと納税の寄付限度額算出に必要な年収について解説します。

キャメロン

税金の控除額には上限があるため、ふるさと納税をする前に、いくらまでなら寄付しても控除を受けられるのか調べておくことが大切です!

事前エントリー&寄付で全員もらえる!

キャンペーン詳細を見る

寄付限度額を算出するときに確認するのはいつの年収?

結論、ふるさと納税の寄付限度額を算出するときに確認するのは、寄付をする当年の年収となります。2024年に寄付をする場合、2024年1月1日~12月31日までの年収が当てはまります。

ただし、年収が確定してから寄付をすると、年末ぎりぎりになってしまうため、ある程度年収が分かった時点で、お申込みするのがおすすめです。ふるさと納税は一年中いつでも受け付けており、一度に申込を完了させる必要はありません。そのため、複数回に分けてお申込みし、年末に年収が確定してから残りの金額分申込みをするというのもおすすめですよ。


早速ふるさと納税返礼品を探す



寄付限度額を算出するときに確認する「年収」とは何を指す?

ふるさと納税の控除額は下記計算式で計算する事ができます。
(住民税所得割額×20%)÷(100%-住民税の税率(10%)-(所得税率×復興税率)+自己負担額(2,000円))

上記を計算するには、年収が必要となります。 年収は、手取りではなく、源泉徴収前の給与・賞与を全て合計した額面の金額となります。
源泉徴収票がお手元にある場合は、源泉徴収票を確認すると、正確な年収が分かります。

「源泉徴収票」は、会社員の方は、毎年12月あたりに会社から渡されます。源泉徴収票の「支払金額」という欄に記載されている金額が年収となります。

また、個人事業主の場合の年収は、各利益や収入などを合算した所得が年収となります。税務署受付分の確定申告書などで年収を確認することが可能です。

源泉徴収票のテンプレート


みんなが気になるよくある質問

Q. ボーナスは年収に含まれますか?

A. はい、ボーナスは年収に含みます。


Q. 交通費は年収に含まれますか?

A. いいえ、交通費(通勤手当)は年収に含みません。


Q. 年収が確定してからふるさと納税しなければいけないですか?

A. いいえ、年収確定前にふるさと納税する事が可能です。ただし、寄付上限金額を超えないように注意しましょう。年末に近づくと寄付が増えるため、欲しい返礼品が品切れになる場合もございます。気になった返礼品は早めに申し込みのがポイントです!
ご自身の寄付上限金額は、下記リンク先のページから簡単に算出する事ができます。


寄付上限金額を計算する


Q. 転職した場合、年収の計算はどうなる?

A. 転職をした場合は、年収が上下するかと思いますが、年間のおおよその年収を算出し、寄付金上限金額を超えないよう注意しましょう。


実質負担が2,000円で済む寄付限度額の確認方法は?

ふるさとプレミアムでは、簡単に寄付上限金額が計算できる限度額シミュレーションがあります。おおよその年収と家族構成を入力するだけで、目安となる寄付上限金額がわかります。また、早見表もあるので、寄付上限金額を簡単に知りたい方におすすめです!詳しくは寄付金限度額を調べるからチェックしてみてください!

※イメージ図

シミュレーション



シミュレーションを使って寄付金限度額を調べる




ゴン助

ふるさとプレミアムでは、現在、寄付額に応じたAmazonギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中だよ!ふるさと納税を行う予定の方はぜひチェックしてみてね!

住民税が控除されたかを確認する!

ふるさと納税をしたら、必ず翌年に住民税が控除されたかを確認しましょう!確認方法は、下記バナーをチェック!

住民税が控除されたかを確認する >

お得にふるさと納税するならキャンペーンを活用すること!

2024年2月29日までお得なキャンペーンを開催中です!なんと、事前エントリーして寄付するだけで、Amazonギフトカードが最大13%もらえるキャンペーンです。

ふるさと納税をするならお得にしたいですよね!旬の果物やお肉、お米など人気返礼品が多数受付中です。ぜひ、この機会をお見逃しなく!

キャンペーン詳細を見る


実質負担が2,000円で済む寄付限度額の確認はこちら


おすすめ特集

 

 

おすすめ特集をもっと見る