Amazonギフト券のコード【3%】プレゼント中! 詳しくはこちら

おすすめ特集 recommend

5分で分かる!ふるさと納税



「ふるさと納税」は「納税」という言葉がついていますが、実際には自治体への「寄付」です。

自治体に寄付をすることで、自分がお世話になった地域や好きな地域を応援することができます。また、自治体からは、寄付をしてくれたお礼として、地域の特産品などの返礼品が贈られてきます。

さらに、寄付した金額の中から、2,000円を除いた額が、翌年の住民税から控除されます。確定申告をしている方の場合、所得税の還付と住民税の控除が適用される場合があります。


ふるさと納税を行う前に注意したい3つのこと


 ①年収と家族構成をチェックしておこう▼

 ②申込期間は1月1日~12月31日まで!▼

 ③寄付をしたら必ず寄付金控除の申請をしよう▼

①年収と家族構成をチェックしておこう


ふるさと納税は、税金の控除が受けられることからお得だといわれますが、税金の控除が受けられる金額には上限があります。寄付の申込をする前に、自分がどれくらいの金額の寄付ができるか確認を行いましょう。

ふるさと納税がお得になる寄付の上限金額は、納めている税金の金額によって決まります。そのため、家族構成や年収、すでに受けている税金控除を確認しましょう。

寄付の上限金額を調べる


②申込期間は1月1日~12月31日まで!


ふるさと納税では、1月1日から12月31日の1年間にふるさと納税(寄付)を行った分が当年度の所得税の還付、翌年度の住民税の控除の対象となります。


③寄付をしたら必ず寄付金控除の申請をしよう

 or 

寄付を行なっただけでは、税金の控除は受けられません。税金の控除を受けるためには、寄付をした後に、確定申告、またはワンストップ特例申請を行う必要があります。

確定申告をされる方は翌年3月の確定申告を行うタイミングで、ワンストップ特例制度を利用される方は翌年1月10日までに申請を完了させてください。



さっそくふるさと納税をしてみよう!

ふるさとプレミアムでは、おすすめの返礼品をご紹介しています。

おすすめ特集

 

 

 

おすすめ特集をもっと見る


【総合1位~20位】人気返礼品ランキング



ふるさと納税の疑問にお答え


 Q. 返礼品はいつ届く?▼

 Q. 確定申告は必要?▼

 Q. いつ頃申し込むのがいいの?▼

 Q. どの自治体でも申し込めるの?▼

他の質問を見る


Q. 返礼品はいつ届く?


返礼品が届く時期は、自治体や返礼品の種類によって異なり、2週間~半年程度の場合が多いです。発送時期は、申し込み時の返礼品詳細ページに記載されている場合があります

お米や野菜、果物等の季節性のある食品は、産地で収穫後に発送される場合が多いです。

また、ふるさと納税の返礼品のお届け日の指定は基本的にはできません。しかし、返礼品によっては可能なものもあります。返礼品詳細ページで事前に確認して申し込むといいですね。


Q. 確定申告は必要?

ふるさと納税分の税金の控除を受けるためには確定申告が必要です。ただし、会社勤めの方など、もともと確定申告を行う必要のない方は、確定申告の代わりにワンストップ特例申請を行うことができます。

ワンストップ申請について詳しく知る


Q. いつ頃申し込むのがいいの?


ふるさと納税は年中受け付けていますが、返礼品のラインナップは季節により少し異なります。

特に、収穫時期の決まっている果物は、旬が来る半年前~数か月前までが狙い目です。あまり早すぎるとサイトに載っていなかったり、遅すぎると受付を終了してしまっている場合があります。

また、自治体によっては定期的に返礼品を増やしたり入れ替えている場合もあります。数量限定のものもあり、人気のものは受付を終了してしまうものもあるので、欲しい特産品があれば早めに申し込みしておくのがおすすめです。

また、賞味期限のある食品を選ぶ場合には、届く時期を考慮することも大切です。年末に慌ててふるさと納税をたくさんすると、返礼品が一気に届く場合があります。複数の寄付をする場合は、申し込み時期をずらしたり、定期便を選ぶなどの工夫をするといいですね。


Q. どの自治体でも申し込めるの?


ふるさと納税は、生まれ故郷に関わらず、どの自治体でも寄付が可能です。また、複数の自治体に寄付を行なうことも可能です。

だだし、現住所のある自治体へは申込ができない場合がありますので、申し込みの際は事前に確認を行いましょう。


他の質問を見る



 


【総合1位~20位】人気返礼品ランキング


初めての方におすすめの返礼品